フライヤー

2014年1月31日金曜日

HUCK FINNの思い出 蛯名啓太(Discharming man)編

ついに明後日、less than TV企画より7Days Warrrrrrrスタートです!

リレーブログも今回で最終回。

ラストを飾るのは最終日2/8(土)THE ACT WE ACT企画に出演、HUCK FINNへの登場は2008年以来約6年振りとなるDischaming manフロントマン、北海道の唄心巨人蛯名氏に寄稿して頂きました!

2/22にはstiff slackより500枚限定の7インチをリリース予定で、まさに絶好のタイミングでの来名です。

説明するのも野暮なほど熱意のこもった文章になっています。

読んで、そして現場に足を運んで、音を体感してほしいです。

 

それでは皆さん、ハックフィンでお会いしましょう!!





初めてハックへ来たのは1997年の夏だったと思う。bonescratchという先輩バンドの手伝いで付いてきて「out of touchとかCxFxDxLとかがやってるハコだぁ」みたいな感じでワクワクしてた。
その時に出てたのは確かenvy、sawpit、niceview、holewater、fragmentだったと思う。
その日は僕にとってとても感銘を受ける日でした。
まだバンドとして何をどう表現してよいか分からなかったから、真剣に音楽をやってる先輩方を見て「あぁオレもあんな風になりたい」と思って見てました。

あれから自身のバンドで何度もハックのステージに上がらせてもらいましたが、いつも謎のテンションになってしまい、道産子的に「わや」なライブをしてしまうハコです。
だけど今回は大好きなtiala、the act we act、そしてあの時見たniceviewとの共演。違う意味で「わや」なライブをしたい。
オレらも成長してるんだよ!ってところを少しでも。

蛯名啓太(Discharming man)

2014年1月28日火曜日

HUCK FINNの思い出 小瀬幸一郎(△)編

いよいよ日曜から7Days Warrrrrrrスタートです!

て訳でこのリレーブログも終盤です。

今回は金曜日編、なのですが、出演者ではなく少し趣向を変えてこの方にお願いしました!

小粋なお兄ちゃん的存在で親しまれるHUCK FINN名物店員であり、レスザン博を開催するバーのHUCKFINN FACTORYの店長、△の小瀬くん登場です!

7Days Warrrrrrrチームとも親交が深く、THISIS(NOT)MAGAZINEと共に金曜を主催するVIDEO GIRLの元メンバーといった経緯があり、寄稿して頂きました。

ひたすら憧れだった店員になる前~店員になった後、長い時間が経っても、それでも変わらない熱いHUCK FINNへの想いに胸を焦がされる、小瀬くんらしい真っ直ぐな文章です!






久野くんからお願いされたので僕も少しだけ書かせていただきます。ex.VIDEO GIRL、HUCK FINN FACTORY店長、△の小瀬です。

HUCK FINNの思い出ってことで色々と昔のこと思い出してみたのですが、僕の職場でもあるので思い出ありすぎました。もうかれこれ7年くらい居ますからね。

一番記憶に残っているライブといえばやっぱり僕は2006/6/10のNICE VIEW、BLACK GANION、S.F.P、BREAKfASTです。その当時大学3年生だった僕はサークルの後輩を連れて観に行ったのを覚えています。もうその日が本当に凄まじい一日で帰ってからも興奮して寝付けなかったのを覚えています。憂鬱ばかりの僕を吹き飛ばしてくれた日でありました。僕はその日にハードコアバンドやるぞって強く思い立ったのです。

当時の僕はGOING STEADYのコピーバンドをやっていて青春真っ盛りでした。ちなみにこのバンドではkillerpassハヤシックがやっていたハスキンのコピーバンドのドラゴンブロウとも対バンしました。山小屋で。
そしてこの日の前後でidolpunchとfuturesのライブで久野くんに出会ってます。チャラくていけすかないアフロ野郎でした。ジアクトと山口のやっていたhold one's waterは僕の憧れでした。この頃の事を思い出そうとmixiの日記を読み返していたら死にたくなりました。

なにはともあれそのライブから程なくして△(前身バンドはカーニバルズという名前でした。笑)を始動するのですがその前後でHUCK FINN FACTORYでのアルバイトを始めたと覚えています。
それからの毎日はあっと言う間で気付けば今日だったってのも大袈裟じゃないです。HUCK FINNで沢山のバンドを観たし△も沢山ライブをやらせてもらいました。気付けばファクトリーの店長でした。
バンドの最初の頃のメンバーはもう一人も残っていないし会わなくなった人も沢山いるし久野くんとV.Gを始めて僕はそのバンドを辞めました。時間ばかりたくさん過ぎたんだなと思います。

なんだか僕の個人的な昔話ばっかりなんですけど、HUCKの思い出を探していると僕の人生の4分の1が重なってしまうので同時にいろんな事を思い出してしまうのです。

最近、僕はバンドで初めてCDを作りました。レコ発はHUCK FINNでやります。それはあの頃にはとても想像できていなかった事で自分自身とてもビックリしていたりするのですが、全部あの頃からつながっているしそのどこを引き出してもHUCK FINNはあるのです。
あの頃の自分に教えてあげたいです。

僕はバンドの企画で底辺直下GIGというイベントをやっているのですが、これはあの日観たライブがずっと僕の気持ちをザワザワさせているから続けているのだと思います。
足下がひっくり返るような感覚で僕の人生をガラリと変えたあの日。そんな日を僕もこの場所で作れたらと思うのですが、それはまだ先の話です。

エピソードはまだ腐る程残っているのですが、それはまた飲みながら話しましょう。これからもこの場所で、思い出すと微笑ましい思い出がたくさんできると嬉しいです。
小瀬幸一郎(△)

2014年1月24日金曜日

HUCK FINNの思い出 内藤久裕(SOCIAL PORKS)編

リレーブログ木曜日編!

なんと…待望のあの人の登場です。。

20年以上に渡り愛知punk/hardcoreの現場にいながら常に最前線で活躍し、その気さくな人柄から若手~ベテラン問わず本当に色んな人から愛されるバンドマン。

「HUCK FINN」と言えばまっさきにこの方の顔が思い浮かぶ人も少なくないのでは無いでしょうか。

7Days Warrrrrrrにも第一回から参加してもらっており、昨年度は自身の手掛けてきたフライヤーを展示した個展「捨てられないゴミたち」を開催し、たくさんの方から絶賛の声を頂き大好評の中終了したのも記憶に新しいです。

今回のテーマであるハックフィンの思い出を語ってもらうにはまさにピッタリで、とっても貴重で大大大興奮の内容を寄稿して頂きました。。これだけで私麦酒10杯は飲めます。

前置きが長くなりました、どうしてもこの方の事になると熱くなってしまいますね。。

 

さあ、もうお分かりでしょう!今回はこの方!!

今池が誇る奇跡のドラマー!

 

SOCIAL PORKSのナイチンさんです!!震えてください!




こんにちわ!SOCIAL PORKSの内藤です!

前回に引き続き7Days Warrrrrrrに参加できて光栄です!
わかめちゃん、誘ってくれてありがとう!
龍宮ナイトは密かに出たいイベントだったんでうれしいです!

HUCK FINNの思い出、、、
地元なんだけど昔は今と違って本当に怖い町でしたわ~今池!
毎回のライブは今日は何がおこるかな~?ハチャメチャに成るかな~てドキドキしながら行ってたもんね~

昔のハックは今より全然狭くってステージが今とは逆っ側にいあったんだよね!
ライブチャージも¥0スタートのドリンク代のみ!
普通にホットコーヒーなんかも注文出来たり(笑)

初めて行ったライブなんだったかなぁ?
83年に確かPISTOLネコだったような?(バーナムのキクさんがギターでったよね?)
お客さんが僕と中村達也と彼女さんの3人だった(笑)
勿論、達也さんは観たことはあったが全く面識がなくってド緊張したな~
で、二人の会話が激面白くって笑いたいのに笑えない変な雰囲気だった(笑

なかなかハックで県外のハードコアバンドを観る機会が無くって初めて観たのが84?85年にGAUZEを観た!
それ以前に地元のスカトロジー、リンカーンやFIENDISHYなんか観てたけどレコード出てるバンドだったし興奮しまくりでしたわ!
踊って暴れたね~(笑

それからちょくちょく県外からLIP CREAM,GASTUNKとか来て観まくった!

全てが新鮮で刺激的だった!!

あ、でもこの頃はハックより実家のほとんど隣にあった芸音劇場ってレンタルホールが以前からハードコアのイベントが盛んだったんだよね~
83年から通ってCOMES、ZOUO、THE CLAYとかOUTOとか一杯観たよ~ハックよりバイオレント度数が上で毎回負傷者が、、、(汗
こんな県外のバンドが当時見られたのも原爆のタイローさんのお蔭ですね!本当に感謝です!

あ、ハックの話しなきゃ(笑

で、まさか自分がバンドをやるなんて!

高校生活の後半に何故かドラムを初めてコピーバンドスタート!

で、オレジナルのバンドで初めてハックのステージに立ったのが87年!
バンド名がラビアンローズ(笑)(後にOUT OF TOUCHやC.F.D.Lになるメンバーでの構成)

この頃はまだハックには機材が無くって最近よく打ち上げに使う四川園の隣にあった荒井楽器でドラムセット、ギターアンプにベースアンプをレンタルして
ライブやってました!

オーデション形式でチャージ¥0のワンマンライブでしたね~
で、お客さんが何と75人も来た!!

が、しかし下手過ぎて落ちましたわ(笑)


バンド始めるまでは、バンドマンて手が届かない存在ってゆうか凄いな~て思ってたけど、
いざ自分が初めてみたら演奏技術、ネームバリューの違いだけで同じスレージ空間を共有してて何だ~同じじゃんて!


それから何バンドやってきたかな~て位速いバンドばっか一杯やってきて、集大成な感じが今やってるSOCIAL PORKS!
はぁ?て(笑)
怒りの表現を通り越して笑われる感じに成っちゃいましたが、これでいいのだ!

文才なくて読み辛くてすみませんでした~

まだまだハックで面白い事発見出来るしこれからも楽しんで行こうと思います!

あ、ギターのクロちゃんは和紙より昔からライブ行ってるから面白い話聞けると思うんで和紙同様気楽に話かけてくだされ~

ではでは当日、今池の地下でお会いしましょう!!

内藤 久裕(SOCIAL PORKS)

2014年1月21日火曜日

HCUK FINNの思い出 バン(THE C-3'S)編

ご好評頂いてますこのリレーブログも折り返し!!て事でMILK/yep合同企画の水曜日の出演者の中からこの方!

THE C-3'Sベースボーカルであり、三重県四日市市でPUNK SHOP VORTEXを営むバンさんに書いて頂きました!

このリレーブログ唯一の女性らしさが溢れた、男性とは違った視点からの思い出にとてもほっこりしてしまいました!






若い頃、私の住む三重にはパンクのライブってほとんど無かったから、ライブを観に行くのは名古屋、そしてほとんどがハックフィンでした。
土日も仕事してた私はいつも最初からライブが観れなくて、とにかく最短で到着するよう必死で名古屋に向かう。
前日から明日はライブに行くんだ!と髪を染め直したり着て行く服を決めたりドキドキは前夜から始まるのです(笑)
そして到着するとハックフィンの前には憧れの出演バンドのメンバーがいて、『チケットある?』なんて声かけられて、そこからますますドキドキが始まり、階段を降りて、そっとドアを開けると黒い人だかり、スパイキーヘアの石鹸のイイ香りがして、、
その空間にいるのがすごく嬉しかった。

ハックフィンの階段を降りて、ドアを開ける時は今でも変わらずドキドキするのです。

36歳にしてバンドを始めて、まさか自分がハックフィンのステージに立つ日が来るとは!!!
MILK松原くんからお誘い頂いた時から、想像すると今では たるんでしまった悲しい下腹がキュッと引き締まるのであります。
前日は衝撃を受けたその頃と同様に、髪を染めたり、着る服を決めたりの儀式を整えて、当日を迎えたいと思います。

バン(THE C-3'S)

2014年1月17日金曜日

HUCK FINNの思い出 新川 拓哉(STIFF SLACK)編

リレーブログ、月曜のNAVELとみさんに続き、今回はなんとこの方!

栄にポストロック/エモ/エレクトロニカ等を中心とするレコードショップSTIFF SLACKを構え、レーベルとしてもclimb the mind等良質なバンドを数多くリリース(最終日に出演するdischarming manの7インチも近日リリース予定!)…等語らなくても皆様ご存じでしょう、新川拓哉さんに書いて頂きました!

今回7Days Warrrrrrrでは火曜日FILE-UNDERとの合同企画の主催に加え、mudy on the 昨晩やDancebeach,THE ANCHORS等の豪華メンバーにより結成された新バンドkmkmsのギターとしても出演、さらにDJと私物のフリーマーケットまで開催と、大忙し!

そのすさまじい行動力の源の一部が見え隠れする、とっても愛情深い文章です!






背伸びしてハードコアパンクのライブを恐る恐る行った10代後半、バンドも始めてまさかのステージに上がって演奏した20代中盤、数々の名演奏を目撃した30代、そしてまたバンドとして立たせてもらっている40代成り立ての今。生活と密着とまでとは言わないけど、必ずどこかで自分を形成する要素がハックから得たという事は間違いないと思う。
BRAIDの初来日、ブッチャーズのkokorono前くらいの爆音ライブ、MELVINS、UNSANE、COPASS GRINDERZとKARPの対バン、UNWOUND、THE MERCURY PROGRAM+toeの対バン、BUFFERINS、NAHTの一番最初のライブ、ブッチャーズとClimb The Mindの2マン、NOMEANSNO、、、この辺りが印象深い。

新川 拓哉(stiffslack/SLAVEDRIVER/kmkms)

2014年1月14日火曜日

HUCK FINNの思い出 冨永 秀之(NAVEL)編

日曜日の谷ぐちさんに続き、今回は月曜日に出演して頂く今年で結成20周年を迎えたメロディックパンクの雄、みんな大好きNAVELのギターボーカルとみさんに書いて頂きました!

長年の思い出と想いが詰まった、グッときざるを得ない内容です!




こんにちは、NAVELのG/Vo.トミです。リレーBlog 「Huck Finnの想い出」 というお題目を頂いたものの・・・初めてHuck Finnの入口階段を降りたのがいつのことだったか全く思い出せま
せんが、1990年頃Huck Finnのステージに初めて立った時のことは鮮明に記憶しております。当時私はケツ真っ青の夢見るティーンエイジャー、「イイイィィィヴォォォォォ」と某Death Metalバンドでやかましいギターをギャンギャン鳴らしておりました。
対バンはMULTIPLEXとSATANIC HELL SLAUGHTER、そしてGIBBED。Japanese Death/Grindシーン創生期の蒼々たる凄メンツに気合入りまくりの私はいつもよりアンプのゲインを上げて臨みましたが、お気に入りのMORBID ANGEL T'sに合わせた(つもりの)靴が迂闊にも"スウェード地の赤ラバー ソール"だった為「それはやめぇや・・・俺らはDeath Metalやぞ?!」とメンバーに叱られてしまいました。
「そうだ・・・クソッ!俺はDeath Metalなのに・・・・・何てことを・・・・・ッ!!」
T's をTOY DOLLSに着替え何とか窮地を乗り切りました。

NAVELで初めてHuck Finnのステージへ上がったのは1995年だったでしょうか。
私はモラトリアム全開の脳味噌ドロドロ二十代に突入、同時期に活動を始めていたFLASH GORDONやCIGARETTEMAN、NOT REBOUNDと一緒によくHuck Finnでライブをやっておりました。
来日バンドの名古屋場所をNAVELが企画する時も大概Huck Finnでした。SKIMMER, CHOPPER, TRAVIS CUT,J CHURCH, BROCCOLI, HOOTON3CAR, LEATHERFACE, ANNALISE, SERVO, EVERSOR, BRAID, HOT WATER MUSIC, MILES APART, DILLINGER FOUR, FUN PEOPLE, DAN PADILLA, SMALLTOWN・・・客と出演者の垣根無く、皆が酔っぱらってやたら楽しそうな空間が自然とそこには出来上がっておりました。
薄暗い店内、空間を埋め尽くす爆音、充満する酒と煙草の臭い、二階から時折覗く歴代店長の憎めない笑顔。NAVELにとってHuck Finnは昔も今も変わらず居心地が良い場所です、そりゃ調子こいてダイブして骨折入院しちゃいますよねぇ・・・何回も。

今や不惑の四十に足を踏み入れた私ですが、バンドも人生も未だ試行錯誤真っ直中の迷いマイマイ、二歩進んでは三歩・・・いや四歩か五歩下がる。ベテランだの重鎮だのとムズ痒い呼び方をされるようになって来たNAVELですが、実はそんな案配のまま(ダイエーで購入した瓶ビヤ片手に)入口階段で今もウロウロしてるだけなのでした。
そんなNAVELが、感性ビンビンほとばしる名古屋Punks達が企画した7daysWarrrrrrrという素晴らしいイベントに呼んで貰って、そして大好きなHuck Finnでライブが出来て本当に嬉しく思います。月曜ライブってのがまた燃えますよね。
「平日我慢した分は休日にパーッと盛り上がろうぜ!」なんてスタイルはもういい加減やめちゃいましょうぜ。

では皆様、Huck Finnでの7daysWarrrrrrrをめいっぱい楽しみましょう! 2/3に乾杯出来ることを願って。イイイィィィヴォォォォォ

冨永 秀之 (NAVEL)

2014年1月10日金曜日

ハック ユー

本日より7Days Warrrrrrr各曜日出演者によるリレーブログスタートです!

トップバッターを飾るのは初日日曜日に出演するFOLK SHOCK FUCKERSギター/ボーカルであり、less than TV首謀者の谷ぐち順さんです!

谷口さんにハックフィンについて綴って頂きました!

それではどうぞ!!


A「この前、ハックの近くのお好み焼き10個も食べちゃいましたよ。」
B「うまいよね~。最低10はいくよね。あのお好み焼き、昔は180円だったんだよ。」

A「今度、K.Dハポンってとこでライブやるんですけど、知ってます?」
B「知ってるよー。いいハコだよー。あそこで観たプンクボイは、未だオレの中で伝説だね。場所はハックのもっと先にあって、、」

A「ハックの周りの今池ってさ、なかなか治安悪くていいとこだよね。」
B「ALL YOU CAN EATがツアーで行ったとき、飲み屋でドス抜かれたって言ってましたよ。」

A「到着してまず大須店。そこでヤマちゃんと合流。ライブ終了後、ハックの近くのほうで締め。」
B「黄金コースじゃないですか~!うわ~、味仙行きてぇ~!!」

A「どこか買えるとこ知ってます?」
B「高速降りて、ハックに向かう道をまっすぐ。ハックを通り越してもまだまっすぐ。公園みたいになってる道が出てきたら、それを右折。すると名古屋タワーっていうのが見えてくるから。そこの下にイラン人いっぱいいるよ。」

A「どこ泊まったんですか?」
B「長楽。ハックの上の。」

Googleマップを開くと、名古屋の今池という場所に、光り輝く、ひときわ大きなマーカーが立っています。
それが『HUCK FINN』です。

谷ぐち順 (FOLK SHOCK FUCKERS)



  1.  

2014年1月9日木曜日

リレーブログスタートします!!

いよいよ7Days Warrrrrrr~今夜もBe Together~開催まで1ヶ月に迫りました!
平日早割チケットの数も残り少なくなってきましたので、ご購入予定の方はお急ぎください!
早割チケット購入特典としてカメラマン三浦知也氏特製の2014年度(4月~3月)カレンダーのプレゼントも決定しました!
詳しくは平日早割チケットまで!~1/26(日)までの限定販売ですのでご注意を!

そして、7Days Warrrrrrrr開催事前企画として前回大好評だった各曜日主催者によるリレーブログを今週よりスタートします!
(前回のブログはこちら)

今回は主催者がその日の出演者の中から1人指名して、テーマにそったブログを書いてもらいます。
リレーブログのテーマは今回7Days Warrrrrrrを開催する場所、
「HUCK FINNの思い出」
です。
30年以上の歴史を誇る今池の聖地について、色んな方の角度から語って頂きます!!
今届いている分だけでもかなり濃厚で興味深い内容になっております。
今週より毎週更新していきますので、お楽しみにー!